プロフィール

kotoba

Author:kotoba
旅するこるく、ここるくんの徒然日記♪メガネにグルメに雑貨におやつ、いろいろそろってます♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

食べログ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『国宝 鳥獣戯画と高山寺』と驚くカエル

2014.10.16 09:00|e-tokoro
私の大好きな
015_20141014092528d43.jpg
「ええっ!」と驚くカエルがお出迎え

ここは
014_20141014092526d21.jpg
京都国立博物館[東山七条]

ただいま開催中
006_20141014092518b3d.jpg『国宝 鳥獣戯画と高山寺』


もちろん目玉は
012_20141014092523da1.jpg
130年ぶりの修復作業後

初お披露目

「Manga」のルーツとみなされている

国宝「鳥獣人物戯画」四巻(高山寺蔵)



そしてこの

「ええっ!」と驚いているカエル(写真右上)と
013_20141014092601df5.jpg
ころんとひっくりかえるウサギは

作品内では
008_20141014092552a5f.jpg
相撲をとってるのですよ、知ってました?( ̄▽ ̄)





ここるくん3「『驚くカエル』って言ってるの、kotobaさんだけだしね」





ちなみにこちらのパンフレットは
007_20141014092521e50.jpg
うっすらしている場所に

庭に設置されているスタンプを押してまわるというお楽しみつき
018_20141014094938dda.jpg
とりあえずネコだけ押してみました( ̄▽ ̄)





ここるくん3「へー」





館内はもちろん撮影禁止なので

撮影可能な
017_201410140948063d9.jpg
入口と

出口を撮影
016_20141014092624c62.jpg
ここにも『驚くカエル』\(^o^)/





ここるくん3「だから、相撲をとってるだけですよー」





ところでこの

鳥獣戯画の巻物展示は

前期(前半部分)・後期(後半部分)に分かれていて


わたしの好きな

『驚くカエル』アラタメ『相撲をとるカエル』と
020_20141014103033753.jpg

『追い掛け回されるサル』なのですが
019_201410141007361a1.jpg





ここるくん3(・・・追い掛け回されるサル・・・)





なんと

後期展示(11/5~24)なんですってよ\(◎o◎)/!





ここるくん3「はい、ざんねーん」




ちなみに

見に行った日は

開催後初土曜日で

オープンの10分前に辿りついたモノの


入館までに60分

鳥獣戯画展示室に入り現物を見るまでに30分




なかなかの盛況ぶりでした( ̄▽ ̄)





ここるくん4「入場券は用意してから行くことをおすすめするよーう」





同じチケットで

お隣(平成知新館)の展示も見られるというので行ってみたら
010_20141014092557814.jpg
011_201410140925592b5.jpg
やけに

豪華で見ごたえのあるラインアップ


それもそのはず

この建物自体が

新しく建て替えられた平常展示館で

この9月13日にオープンしたばかりだったのですよ\(◎o◎)/!





ここるくん3「と、帰ってから気づいたkotobaさんでありました」





いやー

なんだか得した気分( ̄▽ ̄)


知ってて行ってりゃ

もっと写真とか撮ってたでしょうによ( ̄▽ ̄)





ここるくん3「そだね」





それにしても

『昔』のモノばかりなのに

そのデザインや技術はなんだかとても『新しい』


いま身の周りに溢れているモノタチが

時を経たときどれだけ自分の手元に残っているか


ほんの少しだけ

考える時間を与えてもらったような気がします





「などと、秋なので少し語ってみたのだよ、ここるくんや」kotoba_201410122036141dc.jpg



ここるくん3「語りたいお年頃だからね」
関連記事

タグ:鳥獣戯画 京都国立博物館

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。