プロフィール

kotoba

Author:kotoba
旅するこるく、ここるくんの徒然日記♪メガネにグルメに雑貨におやつ、いろいろそろってます♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

食べログ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『国宝 鳥獣戯画と高山寺』と驚くカエル 再び

2014.11.28 09:00|e-tokoro
ここは京都国立博物館[東山七条]
14112206.jpg京都らしさあふれる一枚


2014.10.7[火]~11.24[月・休]まで開催されていた
14112205.jpg
『国宝 鳥獣戯画と高山寺』ですが



後期展示部分(↓一例)も見るべく
14112204.jpg
三連休初日に行ってまいりました\(^o^)/





ここるくん4「激こみの予感っ!」





【前期展示に行ってきたときのはなしはこちら→



前期は前期でとても見ごたえがあったのですケド
14112202.jpg
(一例)下段:水遊びをしているであろうウサギおよびサル



やっぱり

「ええっ」と驚くカエルマニアの私としては





ここるくん4「マニアの新ジャンル!」





やっぱり王道の

「追い掛け回されるサル」や「相撲をとるウサギとカエル」は抑えておきたい(゜-゜)





ここるくん4「ゾウや麒麟も後期展示だしねっ」





当日は

展示終了期間間近ということもあり



入館までに100分


鳥獣戯画展示室に入り現物を見るまでに70分





なかなかの忍耐力を試される待ち時間でしたが
14112203.jpg
よーく見ると

むっちゃカエルがウサギをひどい目に合わせていたり(中段)


カエルやウサギやサル以外にも

キツネやネズミやキジとかもちょこっといるのを発見できたり


これが見れれば待つ価値あったよ\(^o^)/





ここるくん3「へー」





そして

この『鳥獣人物戯画』

およそ800年前に描かれたらしいのですが


「誰が何のために作らせたか」

「何を表しているのか」


はっきりわかってないらしい





ここるくん3「そりゃそだろね」



「世の中の作品の解説なんて、ほとんどあとづけ(想像)だしね」kotoba_2014112106523556c.jpg





そして

四年かけての修復後の初お披露目だったのですが



その修復技術の素晴らしさゆえか



まるで・・・


キレイな印刷物を見ているような錯覚に\(^o^)/





ここるくん4「わわっ!」





いや

いい意味で、いい意味で( ̄▽ ̄)





ここるくん4「そ、そだよねっ!」





次回のお披露目場所は

東京国立博物館(特別展「鳥獣戯画-京都 高山寺の至宝」)


お時間ある方はぜひぜひご覧くださいませー\(^o^)/





ここるくん4「その他展示物のおススメは、やっぱり可愛い木彫りの『子犬』だよーう」


関連記事

タグ:京都国立博物館 鳥獣戯画

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。