プロフィール

kotoba

Author:kotoba
旅するこるく、ここるくんの徒然日記♪メガネにグルメに雑貨におやつ、いろいろそろってます♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

食べログ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

リンク

8月15日 

2009.08.15 09:00|つれづれ日記
象のはなし

秋山清


象のいない上野動物園に

タイ国からこどもの象がきた。

まだ鼻もよくのびていない可愛いいやつ。

インドからも大きな象がきた。

ちいさい象はハナコさん。

大きな象はインディラさんと名をつけて

朝早く子供がわいわい押しかける。

大人も毎日見物にくる。

総理大臣もやってきて

一本百円もするバナナをたくさんたべさせた。

象たちは

うまいうまいとながい鼻の下にのみこんだ。

なぜ象たちはこんなに歓迎されたか。

動物園に象がいなかったからだ。

動物園に象がいなかったのは

戦争で殺されたからだ。

戦争は檻の中のおとなしい象もころしてしまう。

目のやさしいアジアの象よ。

象のすきな子供たちよ。

それはそんなに古いはなしではない。
おとなしい象はどうして殺されたか。

厚くてつよい象の皮は

鉄砲の弾もはじきかえす。

注射の針もとおらない。

たべものに毒をまぜると

感のいい鼻でかぎわけてしまう。

だから水ものませず

ひぼしにされた。

もう三週間も、もっと

象たちはなんにもたべない。

腹ぺこぺこでたおれてしまうそう。

子供たちもだあれも来ない。

園丁のおじさん達はこっちを見ないふりしている。

あの親切なおじさんたちが。

なぜだろう。

象の目から涙がながれた。

芋がほしい。芋がほしい。何かください。

三十日ちかくたって

生きのこっているのは

やせてしわだらけのトンキーさん一匹。

ああ、遠くにおじさんがみえる。

逆立ちの芸当をして、

もう一度ねだってみよう。

やっとのおもいで後足を蹴上げたはずみに

前足からくたくたとくずれた。

そのまま立ちあがれず

象は死んでいた。

人間の食料も不足のときに

象のたべものなどありはしない。

空襲で

力のつよい象があばれだしたらどうするか。

こうして、戦争はむりやりに象をころした。



動物園の象の話だのに

戦争のことなどはなしてしまった。

そんなこと、象たちや子供はしらぬがいい。

大きな象が腹ぺちゃんこにやせ

しわだらけになって死ぬようなことは

もういやだ。

------------------
象のはなし 秋山清

出典:象のはなし コスモス社 1959年
関連記事

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク
ジャンル:学校・教育

コメント

たしか同じような「かわいそうな象」って話
教科書で読んだことがあります

私が習った教科書ではありませんが・・・

最後の力を振り絞って懸命に芸をする
象の姿に涙が止まりませんでした

レディポーシャ様

わたしも「かわいそうな象」読んだことあります

同じテーマですね
子供心に
もちろん象が可哀そう、と思いましたが、
大人になって、
そうせざるを得なかった時代の複雑さが
少しは分かるような気も・・・

たまには、真面目に”戦争”を想う時間もいいですね




非公開コメント